すくも産土佐文旦

美味しさ抜群!!高知県の特産品「すくも産土佐文旦」とは?!

土佐文旦は、高知県宿毛市を代表する特産品の果物です。ギフトとしても人気のある土佐文旦は、日本では希少価値の高い果物です。ここでは、そんな土佐文旦の魅力についてお届けしたいと思います。

土佐文旦(とさぶんたん)とは?

土佐文旦の歴史

土佐文旦

高知県宿毛市の特産品である文旦は、「ぶんたん」の他にも「さぼん」「ぼんたん」等、色々な名前で呼ばれています。本来、文旦の原産国はマレー半島からインドネシアと言われているのですが、実際に正確な事は分かってはいません。日本に文旦が伝わったのは江戸時代で、南方から文旦が果実で持ち込まれて、その実生から日本独特の文旦の品種が生まれたと言われています。主に文旦は、東南アジア、中国南部、台湾、日本等で栽培されている果実なっており、日本で栽培されている文旦はおよそ15種類程となっています。日本全国で栽培されている文旦の量はおよそ593トンと言われており、産地ナンバーワンは高知県で出荷量はおよそ378トンで全体の約6割を占めています。

その文旦の一つの種類に、高知県宿毛市の特産品「土佐文旦」があります。昭和4年に設置された高知県農事試験場園芸部に土佐文旦の原木が一樹あったと言われており、この原木を元に土佐文旦の苗木が増えていったという記録があります。そして、昭和18年に高知県土佐市の農家に土佐文旦の木が植えられ、そこから土佐市は「土佐文旦」発祥の地として、また日本一の文旦の産地として大きく発展していった歴史があります。

土佐文旦

基本的に、文旦はミカン科の常緑低木で、グレープフルーツのような黄色いボディをしている柑橘系の果物になります。主な原産地はアジア南部となっており、日本では少し珍しい果実になっています。日本では、九州南部の気候が暖かい地域を中心に、少量だけ栽培されている価値の高い果実です。土佐文旦が作られている地域は、高知県西部の宿毛(すくも)地区から始まって西部から東部へと広がっています。高知県内における土佐文旦の主な産地は、西から宿毛市、大方町、佐川町、土佐市、香我美町等が代表として挙げられます。
現在、土佐文旦は日本全国的にもその名が有名になってきており、高知県の特産品として注目されている人気の果実となっています。良い土佐文旦の外皮には張りがあって、一週間位経つと皮も柔らかくなります。「土佐文旦なんて今まで聞いた事も無かった!」と言う方もいるかと思いますが、家庭用としてはもちろん、贈り物のギフトにも親しまれている果物です。

土佐文旦の特徴

土佐文旦は、その果実の見た目には、目を見張る程の大きな果実が特徴となっています。また、太陽の光をしっかり浴びた温かみのある黄色い色合いで、ほのかに独特のさわやかな香りを感じる事ができます。土佐文旦の実を一粒食べると、食感がプリっとしており口の中で実が弾けます。果実の果汁もあり、文旦の香りと美味しさが口いっぱいに広がります。
高知県宿毛市の土佐文旦は、全国一の出荷量を誇っている高知県を代表する果物で、露地栽培とハウス栽培の土佐文旦が作られています。一粒一粒に宝石のような輝きがあり、人気の果実として愛されています。

土佐文旦

旬の時期

基本的に、土佐文旦の販売は1月上旬~3月下旬、または4月上旬頃となっています。その中でも、最も多く市場に出回るのは2月になります。土佐文旦はと言うのは、通常冬場の12月や1月頃に収穫が始まり、貯蔵追熟させてから熟成された土佐文旦が出荷されていきます。しかし、早生品種については秋の10月頃から市場で販売されています。

土佐分担のサイズ

土佐文旦は味が美味しい事はもちろんですが、同じ農家や生産組合でも果実の大きさ、形、表面の状態等が異なります。大きさについては4Lサイズの特大サイズもありますが、同じ品質の場合は、果実のサイズが大きい程土佐文旦の価格は高くなります。形については主におにぎりのような三角形の果実が多いのですが、土佐文旦の中でも真ん丸い形をした形の方が商品価値は高くなっています。また、土佐文旦の表面に傷やシミがある場合は、特に味に悪い影響を及ぼす事とは関係無いのですが、綺麗な表面をしている方が価格は高くなります。

土佐分担の美味しさの秘訣とは?

上品な甘さと栄養が詰まった果実

土佐文旦

土佐文旦は、優しい美味しさが感じられる味わいですが、その美味しさにはハチミツの成分と同じ果糖の甘味成分が土佐文旦に含まれているからです。なので、口当たりが上品で自然な甘さを楽しむ事ができます。また、土佐文旦の大きさによっても味が変わってくるのですが、サイズが大玉になる程に味わいがあっさりして、小玉は土佐文旦の味が濃厚で甘味や酸味が強く感じられるようになっています。なので、土佐文旦の大きさを変えて、それぞれ食べ比べして食べるのもお勧めです。

土佐文旦の糖度

グレープフルーツの様な強い酸味は無く、ジューシーでみずみずしく糖度と酸味のバランスがとても良く、あと口も良い事から知らず知らずにパクパクと食べてしまいます。土佐文旦の糖度は10度前後から12度ほどが一般的で13度から14度の果実もあります。果汁が多いことを第一に糖度と酸味のバランスの良い果実が美味しい文旦です。

土佐文旦の豊富な栄養価

ビタミンC
土佐文旦には豊富なビタミンCが含まれています。ビタミンCと言うのは、正常に体の生理機能を保つ為に必要な有機化合物です。しかし、ビタミンCは体内で生成する事ができない栄養素の為、食事等から体に摂取する必要があります。また、肌の張りをキープする為に必要なコラーゲン生成を促す、アンチエイジング作用もあります。なので、シワ改善効果があったり、ニキビの炎症を抑えたり、また、抗酸化作用が働いて活性酸素を分解したりできます。
クエン酸
クエン酸も土佐文旦に含まれる代表的な栄養素になります。クエン酸には、体の疲労回復効果があるので、忙しい生活を送っている方の疲れをリフレッシュする事ができます。他にも、血行促進効果でサラサラな血液にしてくれます。不規則な食生活で血流が悪くなった体内の心強い味方になります。体の組織や機能を調整しているミネラルは、大変吸収しにくい栄養素と言われており、特に日本人に不足しがちなカルシウム、鉄、亜鉛等のミネラル成分の摂取は必要不可欠です。クエン酸は、腸から吸収されるこれらのミネラルの吸収率を高めてくれます。
ペクチン

土佐文旦にはペクチンが含まれているのですが、便秘や下痢を解消する効果があります。腸内善玉菌である乳酸菌を体内で増殖させてくれるので、腸の調子を整えて改善する事ができます。また、ペクチンと言うのは、腸内に溜まっている物質と結合する働きがあるので、便容積を増やして腸の前動を促進します。なので、これらの2つの働きによって、体内の有害物質を体外に排出する作用が働きます。腸内環境を整える事ができるので、摂取した栄養素をしっかり吸収する事ができるようになるので、体の疲労回復や体力増強等に関しても期待する事ができます。

文旦

土佐文旦の購入法とは?

土佐文旦は店頭でも購入する事ができますが、通販サイトでもお手軽に購入する事ができます。そんな通販サイトの中でも人気でお勧めなのが「すくも特産品マルシェ」です。すくも特産品マルシェでは、高知県の特産品に特化した特産品を色々と取り扱っているお店で、価格に関しても、多くの人に高知県の特産品を試せるように、購入しやすい価格で土佐文旦の販売が行われています。

すくも特産品マルシェの良さ

高知県宿毛市の特産品に特化しているこだわり

高知県宿毛市の特産品のみを取り扱っているので、宿毛市直送の土佐文旦を作っている生産者がはっきりしていて、安心して購入する事ができます。また、品質にもこだわっているので、生産する上でのこだわりが詰まった納得の美味しさの土佐文旦が販売されています。

コストパフォーマンスが良い

産地直売のすくも特産品マルシェでは、問屋や販売店と言った中間マージンを通さずに販売が行われています。なので、一般的な食材販売サービスよりもコストパフォーマンスが良いと言うメリットもあります。販売商品の中には、訳あり商品の土佐文旦も販売されており、より一層お得に購入する事もできます。


すくも産土佐文旦すくも産土佐文旦 | すくも特産品マルシェ楽天市場店はこちら